電子たばこガイドブック
電子たばこ購入するその前に!!

私の勤めているお店のそばに、和装関係のリサイクルショップがあります。仕事の傍ら見ているとm時々人の出入りを目にします。大きな荷物を運び込んでいく姿の方は、きっと、以前着ていた着物を、もう着る機会も無くなったのでしょうか、それを、処分するというか、買い取ってもらおうと思い持ち込んだようです。珍しく男性の姿も見かけることも、たまにあります。手ぶらでお店の中に入って行かれるので、何か探しにと言うか、購入しに行ったのでしょうか。私も、仕事で、着付けもしていますので、着付けをお願いされた際に、お客様が、持ってくる和装小物などを、忘れた時に、何度か、お世話になったことがあり、お店の中に入った事があります。そう広くはない店内ですが、沢山の和装関係の物がありびっくりしました。先日小紋の着物が店先に飾られているのも見かけ、ちょっと興味を持ちました。


母の嫁入り支度の小紋は桜色

ここ数年、着物に興味を持ち始めた私は、先日、実家に帰省した際に母親の箪笥を見せてもらいました。普段着用のウールや木綿の着物があったら、譲ってもらおうと思ったのです。しかし、母の箪笥の中には、私が期待していたようなものはありませんでした。木綿といえば浴衣しかありませんでしたし、ウールの着物は、全て虫食いだらけで着られたものではありませんでした。綺麗な状態で保管されていたのは、母が嫁ぐときに実家から持たされたという黒留袖と小紋ぐらいでした。黒留袖を着るような機会は、高齢の母にもまだ数回は訪れるだろうし、私は訪問着を既に母から持たされていたので、今のところ必要ありません。桜色の小紋は、私の普段着には少し豪華すぎますが、母には少し若いのではないかと思いました。しかし「これは死ぬまでは私のもの」と言われてしまいました。母の世代にとって、着物とはそういうものなのだなと改めて思いました。


日本の着物『小紋』の種類や特徴

日本の着物は実は様々な染め方があり、また様々な種類があります。その1つに小紋があります。間違って『しょうもん』と読んでしまう人もいますが、読み方は『こもん』です。特徴としてはまず第一に、上下の方向に関係なく模様が入っているということが挙げられます。この特徴を持つものが大きく『小紋』と呼ばれています。しかし、その種類も様々で、「紅型」「絞り」「更紗」「江戸」「京」「加賀」などが挙げられます。この中でも主な染め方は江戸、京、加賀の3つです。小紋は上下方向関係なく模様が入っていることから、正装の衣装としては着用することができません。しかし、江戸染めに関してはこの限りではありません。江戸染めが正装になりうるのは、その染め方が無地に見えるように模様を細かくしているからです。このように日本の着物にはそれぞれ特徴を持っています。その特徴を理解していくことで自国、日本についても理解できると言えます。