電子たばこガイドブック
電子たばこ購入するその前に!!

小紋とわ何か、ネットで調べてみたところどうやら着物の種類の1つでした。一般的な着物は肩の方が上になるように模様があるのに対し、こちらは上下関係なく小さな柄があるものだそうです。また全体に細かい模様が入っていることからこの名前になったそうです。上下関係なく小さなようが入っていることから、正装、礼装としてのちゃくようはできなかったそうです。しかし、江戸小紋と言われる着物だけは礼装として着用できたといいます。なぜなら、昔大名が袴に柄を入れていたのが規制され、遠くからでわ見えないほどの小さな柄を入れていたそうです。この小さな柄を入れるには高度な技術がいるため、一般のものより高価なものとなったそうです。現在では柄の大きい小さい関係なく、上下関係なしに柄のあるものを(小紋)と呼ぶそうです。ぱっと見だけじゃ見えないほどの小さな柄でオシャレを楽しんでいたなんて、昔の人もオシャレに気を使っていたんだなと思いました。


小紋という着物について。

まず、小紋とは何かを紹介しておきます。それは「着物全体に同じ模様が繰り返し描かれていて、一方向に柄を繰り返している着物」のことです。ほとんどが型染めといった柄付けの技法で作られており、普段街歩きをするようなカジュアルなものから、フォーマル度の高い華やかなドレスアップまでも可能です。もしフォーマルな着こなしがしたければ飛び柄、カジュアルなシーンに合わせるならお洒落小紋、などとTPOに合わせて幅広く活用できるとされています。特に帯の模様でガラッと雰囲気を変えることができます。着物は長襦袢や帯、足袋など様々な色や素材を重ねるので、そこをきちんと足し算・引き算でお洒落を成立させることが出来ます。ただし、着物には種類によって格があり、それも地域によって違うことがあります。小紋の場合、礼装着としては認められていません。しかし種類によっては略礼装着として認められたり、外出着としか認められないこともあるので注意が必要です。


若い人にはカジュアルに楽しめる小紋がいい

袋帯がいらない小紋などが、若い人にはいいでしょう。カジュアルに楽しめるほうがいいことを考えてみましょう。普段には活用することが困難にならないように、きもの選びは注意しましょう。いろんな種類がありますので、重々しいきものはどういう事になるかを知っておくべきです。着付けとかが心配な人は、うまくいくためには、カジュアルな小紋を考慮するといいでしょう。街歩きにも利用できて、日常でも便利に活用できると思います。やはり若い人には着やすいきものがいいようですね。華やかな場にも着ていけるなら、きものありだと思います。ちゃんとしたきものをもっていれば、友達のパーティとかでもうまくいくことでしょう。考えてみるとおしゃれな小紋のきものは1つは欲しいアイテムだと思います。華麗にドレスアップできるなら、いい結果につながると思います。